この、「閉塞してゆく現代を解き明かす  原始キリスト教」2019 は、
先にDLマーケットから刊行していた「いま、なぜ原始キリスト教か」2016 を改訂し、内容を細部にわたり編集し直し、さらに数章を加えて改訂した。

キリスト教の外部にいる読者を主な対象にした書籍である。
一般的なキリスト教の紹介本は許多あるが、原始キリスト教を平易に一般人に知らせる書物はまず無い。
そこで本書を、原始キリスト教を知らせるツールとして上梓した。

本書は、現代世界の閉塞感を日頃感じている方々に是非にお勧めしたい。
それは社会問題だけでなく、個人が懐く人生への基本的な問いについて、それが創造の神となぜ関係しているかを知るきっかけとなるよう努めて書いた。


Th_DkhSaixuEXZ


A5版 Doc.226頁 電子版¥450 
2019年8月より再刊 


ブログ文のように改行が入るが、それは字の込んだ文章で、キリスト教にこれから近付こうとする対象読者が平易な文章と共に、見た目にも読み易い効果もあろうかと思われる。

 本書は、西暦二世紀に遡る原始キリスト教を現代の無宗教の方々に知らせるという、時間の超越を目指した企画であるが、出来上がりをざっと見直すと、古代人も現代人も倫理という面では、ほとんど変わるところが無いばかりか、その影響は今日切迫していることが改めて感じられる。

現代のおける、ヒタヒタと我々の周囲に忍び寄っている危機も、元をただせば、古代から解決できなかった「倫理」の問題に起因しているのである。
実に原始キリスト教は、たったひとつの問題に解決をもたらすことによって、宗教という神に関わる事柄のみならず、社会問題についても、また今日人類の直面している事柄にも解答をもたらすことが期待され得るものである。

だが、本書はキリスト教そのものを紹介するものであるので、現代的危機や問題の学問的記述は避け、主に聖書とその記述が伝える人間の本質的問題「倫理」を中心に、「この世」のありさま、そこからの救済としてのキリストの犠牲、キリストが用いる『神の王国』など、キリスト教の根幹を成す部分を、現代人の必要に向けてかみ砕いて解説したつもりではある。

全体は、前書きと後書きを除いて26以上の章で構成されており、ブログ文のままに、それぞれの章が独立し完結しているので、読者は関心の向く主題に応じて、どの章からでも読んで差し支えない。

もし、読者が内容に含まれるキリスト教特有の言葉に疑問が生じたときには、閲読中の章から別の章に移ってしまうことを却ってお勧めする。

このように各章が独立しているため、内容の重複が随所にあるのだが、通常の読書ならばしつこい反復になるだろうところだが、キリスト教初学者であれば、その反復の頻度によって重要度の高い事柄を把握する助けにもなろうかと思えた。

それでも、章の順番は次第に聖書の用語が増える方向性を持っており、内容もそれにつれて、キリスト教の中へと深まるように配置した。


その章建ては以下のようになった。

--------------------------------------------------------
序章 危機の時代
1. 「この世」というもの
2. 人はなぜ生きるのか
3. 「上なるもの」との関わり
4. キリスト教とは
5. エデンの園での試み
6. 政治と宗教という必要悪
7. 人の死後を問う
8.「魂」というキリスト教の死生観
9. キリストによる罪からの救い
10. 来るべき「神の王国」
11. 家庭という保護の場
12. 神が用いる「聖霊」
13. イエスとは何者か
14. キリスト教が成立した日
15. 原始キリスト教にない「三位一体」
16. キリスト教界の歴史
18. 争いの絶えない一神教
19. 選民イスラエルとは
20. 神の名が人を救う
21. この世の終わりと神の裁き
22. 旧約聖書を読む
23. 新約聖書を読む
24. 偶像視される聖書
25.「終末」に起る事態
26. 愛について

 --------------------------------------------------------


この書物では、キリスト教というものが、それも一般的な教会のものとも大いに異なる古代の教えが、現代人に見えていない部分にスポットを当て、今日の人々がまさに直面している重要な問題点を知らせるという観点から、原始キリスト教に誘う目的を持っている。

おおよそ「重要な助言」というものは、本人の見えないところを指摘するものであるから、ともすると的外れにも思われがちであるのだが、千八百年前の古代キリスト教徒が現代人に指摘するところは意外かもしれないが、それゆえにも傾聴の価値があるといえよう。

キリスト教ばかりでなく、現代社会というもの、また人というものの根本を考える機会としてお読み頂きたくお勧めしたい。